●2018旅の珈琲 始まり

0

    暑い陽射しのなか

    巡った焙煎所。

    思い出すと

    広がる景色とコーヒー。

     

    どこの焙煎所から珈琲豆をいれようか、

    淹れる水、淹れ方、時間とともに変わる味わい。

    シュヌルバルツのケーキとの相性をたしかめて。

    いよいよ10月からカフェに登場しました。

     

    ・ブレンド2種類「旅の珈琲」

     穏やかな酸味と、柔らかな後味。ライトなブレンド。

     苦み、コク、まったり余韻。やや深煎りのブレンド。

     

    ・シングルオリジン2種類

     その時々で変わるので「時々の珈琲」

     現在、華やかでまろやかなコーヒー、と

     力強い苦みとキレの後味のコーヒー、を。

     

    シュヌルバルツの一番人気のベイクドチーズケーキや

    ふんわりシフォンケーキ、濃厚ガトーショコラとも

    相性のいい珈琲です。

     

     

     

     

     

    ふと、美味しいコーヒーが飲みたくなったら

    ちょっとひと休みや、語らいのおともに。

    通り過ぎてしまいそうな隠れ部屋のカフェが

    三鷹通り2階でお待ちしております。

     

    珈琲探しの旅(2018)のこと

     

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    カフェシュヌルバルツは、JR三鷹駅北口から

    歩いて9分。三鷹通りにあります。

    (吉祥寺からは歩いて20分程。武蔵境からの方も。)

    三鷹駅北口からの道順はコチラ。

     

    三鷹駅北口からバスも出ています。

    「西久保二丁目」下車すぐ。

    ※直行便、地域周回バスは停まりません。

     

    様子や詳細はSNSでお知らせいたします。

    Twitter (ツイッターが更新が頻繁です。)

    facebook

    Instagram

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    場所:

    Cafe SchnurrWarz(カフェ シュヌルバルツ)

    東京都武蔵野市西久保2-3-16 MNビル2階

    ※月曜・隔週火曜定休日

     

    営業時間:

    平日11:30〜19:00 (金のみ〜20:30)

    土曜11:30〜20:00

    日曜11:30〜19:00


    ●珈琲探しの旅(2018)

    0

      一年に一度、場所を決めて

      美味しいコーヒーを探し焙煎所をまわります。

      2018年は喫茶文化が根付く中部地方へ。

       

      「モーニング」という言葉が生まれた中部。

      ここには焙煎所がたくさんあります。

      「皆さまにご紹介したいと思える珈琲豆に出会えますように。」

      という気持ちで飲んで味を確かめながら

      旅をしていきます。

       

      街に到着し30分もたたないうちに最初の1杯。

      小さなお菓子が付いてくるところが中部っぽい。

      昔は、喫茶店といえば豆菓子でしたが

      現代はクッキーなところが多いです。

       

      ここでは、噂でしか聞いたことのなかった

      ギシル・コーヒーに出会えました。

      珈琲豆の産地で飲まれているという

      珈琲豆の果肉部分を使ったコーヒーです。

      甘酸っぱさをほのかに感じるような

      チャイのような、初の味わい。

       

      ふっと立ち上る香りは癒されます。

      コーヒーカップのベーシックカラー。

      濃紺と白に金彩。

       

      店内撮影NGの焙煎所もあるので。

      これはコーヒーの木。

      焙煎所にはコーヒーの木があることが 多いです。

      自家焙煎所あるある?

      オーナーさんと珈琲話に花が咲きました。

       

      知らない名前の珈琲豆があるのは

      今ある場所より奥へ奥へと栽培地が進んでいるから。

       

      珈琲豆は焙煎するとビタミンが作られるとか

      勉強になることいろいろあります。

       

       

      次の場所へ。

      カップのデザインによく合う 柔らかな味わい。

      中部地方は喫茶文化が根付いているので

      地元の方達がちょっとひと休みに

      ちょくちょく訪れます。

       

      そういうの良いですね。

      外は暑いのでアイスコーヒー。

      (39℃だそうです。)

       

      次の場所へ。

      一見、普通のカフェでも自家焙煎があったり。

       

      ひと休みには中部では外せない

      小倉トースト。厚切り。

       

      それぞれの空間、店主、珈琲。

      近場に美味しいが密集している。

      次のコーヒーは、コスタリカ。

      柔らかな口当たりとスッと飲める滑らかさ。

      でも後味の始まる少し前、ふっと大地のような味わいが一瞬。

      酸味のあるケーキと合わせるとクリーミーな味わいに。

      なんとも不思議。

       

      珈琲探しの旅 最後のコーヒー。

      自家焙煎それぞれの味がでるブレンドを。

      余韻も柔らかく、全体的にソフト。

      甘めのレアチーズと合わせてみたり、

      チョコレートと合わせてみたり。

      どの焙煎所もそれぞれに良いです。

       

      夕焼け小焼けで新幹線のある都市へ

      ゴトゴト在来線で移動です。

      行きより増えた荷物は買い集めた珈琲豆たち。

       

      旅がおわり、いつものカフェ営業が始まったら

      ケーキやシュヌルバルツとの相性を確認していきます。

      (昨年と同じですね。)

      .

      .

      .

      コーヒーのみで美味しいと思っても

      ケーキと合わせると酸味が強調されたりと

      時間の経過と味の変化を確認したり。

      実際に店で確認しなければ分からないこと。

      また、いくつかのチェックしながら

      コーヒーにこだわるオーナーOKが出る豆を選びます。

       

      (やっぱり、この味はあのお客様が好きそうと

      顔が浮かんでくるスタッフです。)

       

       

      そうして選んだ珈琲は秋頃カフェに登場です。

      気候が穏やかになり温かなコーヒー恋しくなる季節。

      どうぞお楽しみに。

       

       

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      カフェシュヌルバルツは、JR三鷹駅北口から

      歩いて9分。三鷹通りにあります。

      (吉祥寺からは歩いて20分程。武蔵境からの方も。)

      三鷹駅北口からの道順はコチラ。

       

      三鷹駅北口からバスも出ています。

      「西久保二丁目」下車すぐ。

      ※直行便、地域周回バスは停まりません。

       

      様子や詳細はSNSでお知らせいたします。

      Twitter (ツイッターが更新が頻繁です。)

      facebook

      Instagram

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      場所:

      Cafe SchnurrWarz(カフェ シュヌルバルツ)

      東京都武蔵野市西久保2-3-16 MNビル2階

      ※月曜・隔週火曜定休日

       

      営業時間:

      平日11:30〜20:00 (金のみ〜20:30)

      土曜11:15〜20:00

      日曜11:15〜19:00


      ●新登場の珈琲:マンデリン

      0

        まだまだ寒さ続きそうですね。

        帰り道や、散歩道、ちょっとひと休みに

        美味しい珈琲が思い浮かぶ季節。

         

        シュヌルバルツの「時々の珈琲」では

        珈琲探しの旅でみつけた小さな焙煎所から

        シングルオリジンをご紹介しています。

         

        本日からの新登場は『マンデリン』

        オーナーが一番好きな珈琲豆でもあります。

         

        独特のコクある苦み、上品な風味、

        そして口あたりは柔らかく。

        ひとくち飲んだ後に

        ふうっと肩の力が抜ける味わい。

         

        もちろんシュヌルバルツの1番人気

        「しっとりベイクドチーズケーキ」とも

        相性ばっちりです。

        ゆるりと流れるカフェ時間のおともに。

        隠れ部屋な三鷹通り2階のカフェで

        のんびりお過ごしください。

         

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        カフェシュヌルバルツは、JR三鷹駅北口から

        歩いて9分。三鷹通りにあります。

        (吉祥寺からは歩いて20分程。武蔵境からの方も。)

        三鷹駅北口からバスも出ています。

        「西久保二丁目」下車すぐ。

         

        様子や詳細はSNSでお知らせいたします。

        Twitter (ツイッターが更新が頻繁です。)

        facebook

        Instagram

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        場所:

        Cafe SchnurrWarz(カフェ シュヌルバルツ)

        東京都武蔵野市西久保2-3-16 MNビル2階

        ※月曜・隔週火曜定休日

         

        営業時間:

        平日11:30〜20:00 (金のみ〜20:30)

        土曜11:15〜20:00

        日曜11:15〜19:00


        ●珈琲探しの旅(2017)

        0

          1年に1度、場所を決めて、

          美味しい珈琲豆を探しに焙煎所をまわります。

          「皆さまにご紹介したいと思える珈琲豆に出会えますように。」

          という気持ちでコーヒーを飲んで

          味を確かめながら旅をしています。

           

          2017年は山に囲まれた街へ。

          こだわりの焙煎所が多く、珈琲の味も幅広く、

          カフェとしても楽しめるところがたくさん。

           

          さあ、珈琲探しのはじまりです。

          飲んでから珈琲豆を買っていきます。

          (オーナーがリサーチした所をめぐります。)

           

           

          口に含んだ瞬間に、めいっぱい広がる味わい。

          冷めても尖ることなく穏やかなコーヒー。

           

          浅〜深煎り焙煎度の違う豆をブレンドした優しい甘味。

          マンデリンベースの深煎りも飲みやすく。

           

           

          華やかな苦味系。グッと深みのあるコーヒー。

           

          苦味の余韻が長いコーヒー。

          後味はほんのりと甘味を残して。

           

          爽やかな緑と風で、音楽がないということを忘れてしまう

          自然の音が心地よい場所。

           

           

          2日目もコーヒー探しは続きます。

           

           

          焙煎のみをしている場所もあります。

          カフェ併設ではないところでは試飲をします。

          中煎り、深煎り、中深煎り、各国の豆。

          それぞれに味わいが違ってメモをとりながら。

          中煎りの軽いものから、深煎りの重いものまで

          一日に何杯もコーヒーを飲んで。

          (後半は胃が重たくなってきます・・)

           

           

          旅がおわり、いつものカフェ営業が始まったら

          美味しいと買い集めた珈琲豆を店で淹れて

          ケーキやシュヌルバルツとの相性を確認していきます。

          カフェシュヌルバルツ

          コーヒーのみで美味しいと思っても

          ケーキと合わせると酸味が強調されてしまったり。

           

          こればかりは実際に店で確認しなければ分からないこと。

          その他にも時間の経過と味の変化を確認したりと

          コーヒーにこだわるオーナーOKが出る豆を選び、

          また、いくつかのチェックしながら

          店に出す珈琲豆を決めていきます。

           

          (このとき、この味はあのお客様が好きそうだな、と

          お客様の顔が浮かんでくるスタッフです。)

           

          選んだ珈琲豆がカフェメニューに登場するのは

          気候が穏やかになり涼しくなる秋ごろの予定です。

          どんなコーヒーが選ばれたのか・・

          どうぞお楽しみに。

           

           

           

          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          場所:

          Cafe SchnurrWarz(カフェ シュヌルバルツ)

          東京都武蔵野市西久保2-3-16 MNビル2階

          ※月曜・隔週火曜定休日

           

          営業時間:

          平日11:30〜20:00 (金のみ〜20:30)

          土曜11:00〜20:00

          日曜11:00〜19:00

           


          1

          calendar

          S M T W T F S
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << November 2018 >>

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          書いた記事数:77 最後に更新した日:2018/11/18

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM